ホームページに戻る
在日米国海兵隊各部隊将軍と各施設の司令官の紹介
在日米国海兵隊各部隊の紹介
沖縄県内の米国海兵隊各施設の案内
在日米国海兵隊に関するニュース
在日米国海兵隊によるリリース
沖縄県内の米国海兵隊施設で行われる今月のイベント
沖縄県内の米国海兵隊の地域交流
米軍の太平洋地域や同盟国との役割と関与
沖縄に駐留する米軍による経済効果
米国海兵隊の環境保護の取り組み
在日米国海兵隊による英語ホームページ
ご質問やご意見がありましたら、ここにメールを送ってください

???C??‘?‘????m??’n

?L???“?v?E?o?g?‰?[

キャンプ・ゴンザルベス キャンプ・シュワブ キャンプ・ハンセン キャンプ・コートニー
キャンプ ・フォスター キャンプ・レスター キャンプ・キンザー 伊江島飛行場

??“V????’n ???‘??’n ?L???“?v?x?m



キャンプ・シュワブ

歴史

キャンプ・シュワブ ロゴ
キャンプ・シュワブは沖縄本島北部の久志岳下方傾斜に位置するアメリカ海兵隊の駐屯地です。

名前の由来は、沖縄戦で名誉勲章を受章したアルバート・シュワブ一等兵にちなんで名付けられました。

1944年、日本帝国海軍の潜水艦基地として大浦湾ビーチに基地が建設されました。

1945年、米軍がこの地域を占領し、補給基地として使用しました。

1945年、今帰仁村、伊江村と本部町の住民がこの地域に収容され、地域の人口は4万人に膨れ上がり、大浦崎市と改名されました。

1946年、米軍は撤退し、住民により芋や米などの耕作が始まりました。

1956年、基地候補地交渉が行われ、大浦崎市が選ばれました。

1957年、基地建設工事が始まりました。

1959年、アメリカ海兵隊の最初の部隊がキャンプ・シュワブに到着し、現在にいたります。



任務

キャンプ・シュワブの任務は訓練施設の整備と運営を行い、部隊配備プログラムに参加している2つの歩兵部隊、戦闘強襲大隊と第3偵察大隊に施設を提供し、サポートすることです。

第三海兵兵站群が辺野古弾薬補給所を運営しています。



地域への関与

キャンプ・シュワブでは2002年より、基地内にある教育センターで地元の社会人のための英語講座を毎週開催していて、受講者は100人を超えています。

イースター、ハロウィーンやクリスマスなどのアメリカのイベントやスポーツ交流で地元児童や父兄を招待したり、ボーリングや懇親会で地元首長らを招待したり、一般公開のフェスティバルなど、年間を通してさまざまな地域交流プロジェクトを実施しています。

また海兵隊員たちは辺野古11班として地元住民と共に辺野古ハーリー、辺野古運動会、沖縄すもう大会、大綱引き、名護桜祭などの文化交流プログラムにも積極的に参加して地元との親交を図っています。

その他のリンク
台風の最新情報です 台風最新情報
米軍の台風表示です TCCOR
米海兵隊のトモダチ作戦からのニュースです トモダチ作戦
教会Schwab Chapel
メディカルクリニックSchwab Medical Clinic
ビーチヘッドクラブSchwab All-ranks Club
PXストアーSchwab Post Exchange
映画館Schwab Theater
ジムSchwab Gym
郵便局Schwab Post office
図書館Schwab Library
ボーリングセンターSchwab Bowling Center
水泳センターSchwab Aquatic Center
食堂Schwab Mess Hall
このサイトは米国海兵隊の公式サイトです。                      Updated March 23, 2017